スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Heal The Kids?設立からの歩み』

2010/04/02 15:13
logo-htw01.jpg
1992年2月3日マイケルはニューヨークのラジオ・シティー・ミュージック・ホールで記者会見を行い、新しく設立した「ヒール・ザ・ワールド基金」のために世界ツアーを行なう予定であると発表。

同基金は、ライアン・ホワイトを「記念した小児エイズ基金、キャンプ・ロナルド・マクドナルド基金、メイク・ア・ウイッシュ基金、小児糖尿病基金、そしてマイノリティーのためのエイズ基金に資金を提供するもの。
メディア関係者の前でペプシと契約。
その後でセント・トーマス少年聖歌隊がヒール・ザ・ワールド」のテーマ・ソングを歌うとマイケルは涙ぐんだといいます。

以下はマイケルがツアー前に言った言葉です。

Our children are the most beautiful, most sweet, most treasured of our creations.

And yet, every minute at leat 28 children die.
Today our children are at risk of being killed by diseases, and by the violence of war, guns, abuse, and neglect.
Children have few rights and no one to speak for them.
They have no voice in our world.

God and nature has blessed me with a voice.
Now I want to use it to help children speak for themselves.
I have founded The Heal The World Foundation to be the voice of the voiceless : the children.

Please, join with me and the children to help heal the world.
Together, parents, communities, governments - all people of the world - we must put our children first.

Finally and most importantly.
I want to tell the children of the world :
You are all our children, each one of you is my child, and I love you.


子供たちは、全てのものの中で最も美しく大切な宝物です。

しかし1分間に28人もの子供が死んでいっているのです。
今般、子供たちは病気・戦争・銃・虐待・放置によって殺される危険に晒されています。
子供たちには語る権利は殆んどなく、それらを訴えかける大人もいません。
子供たちは世間での発言権がないのです。

神と自然は、僕に声を下さいました。
今こそ、その声を子供のために使いたいと思います。
基金を設立し、声なき子供… 彼らの声にしたいと思います。

皆さんも、私たちと力を合わせてこの世界を癒して下さい。
親・地域社会・政府・そして世界中の人々に訴えます。
まずは子供たちを最優先して下さい。

最後に、最も大切なことです。
世界中の子供たちに、こう話してあげたいのです。
君たちすべては我々の子であり、君たち1人1人が僕の愛すべき子なのだと。


今も悲しい事件は後を絶ちません。
希望を持って生まれてきた命が、助けられる命が今も消えていっている現実。
マイケルの成し遂げようとしたことを数回にわたってUPしようと思います。


←ポチッとしてやってください^^


スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。