スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Speechless?子供達に救いの手を』

2010/08/03 13:48
最近本当に哀しい事件ばかりで世の中はどうなっているのか・・・。

子供は大切な宝物。

その子供たちを守るのは、守れるのは大人だけ。

愛情を掛けて愛情を惜しみなく与えたら純粋に愛情を返してくれる、それが子供。

特に母親。

10ヶ月自分の中で育てて、大切に大切に育ててきたのに、そんなわが子を疎んだり、憎んだり。

誰だってイライラしたり、1人の時間が欲しくなったりする。
だけど大切な笑顔を消えろと思ったり、消そうとする理由なんてない!

子供は親を選べない。

「選んできてくれた」

という話があるけど、現実にはそうじゃない。
選べない。
だって、それなら苦しみながら消された命は選んでそこに来た?
そうじゃない。

どこかのサイトで

「母親のすさんだ心を改心させる為に犠牲になる為に母親の下に生まれてきた」

という人がいた。
・・・そんなわけないだろ!!!
私有物でない、命なんだから。
犠牲になっていいわけがない。

自分さえよかったらいい、わずらわしい思いをするのはいや、そういう考えをなくして欲しい。
助けられる命を助けて欲しい。
助けられたのに助けられなかったと後悔して生きていくよりも、嫌な思いもしたけど助けてあげられた、そう思うほうがいいに決まってる。

虐待されて、1番信用して頼りにしている親に傷つけられて誰にも助けを求められない子供たち。
そんな子供達に手を差し伸べて欲しい。
誰にも助けてもらえない絶望の中の子供達に救いの手を差し伸べて欲しい。
これから何年も先の未来を見せてあげて欲しい。
自分自ら助けようと努力するのもいい。
でも行政の力をかりなければいけないとき、もしも行政が動くのが遅く感じたら行政を攻め立ててでも動くまで粘って欲しい。
1日、1時間、1分、そしてたった1秒でも変われば助かる可能性があるのだから。

勇気を出して欲しい。
私達は人間、命を守れる力を持っているのだから。

子供達へ送るマイケルからのメッセージです。
マイケルは全ての親にこの曲のように子どもたちを感じて欲しかったのでしょうね。
苦しんで、哀しみの中逝ってしまった子供達、マイケルがこの曲のように愛してくれるからね・・。

君の愛は魔法のようだね、それが僕の正直な気持ちさ
けれど、それを上手く説明する言葉が出てこないんだ
この熱い思いを言葉にするには、君は美し過ぎるよ
けれど、君へのこの思いを何とかして言葉で表現する方法が
きっとどこかにあるはずさ

そう思っても、僕は言葉を呑み込んでしまうよ
君を目の前にすると、途端に何も言えなくなってしまうのさ
君と寄り添っていても、君が遠くに感じられて
目の前の君がふっと消えてしまいそうなんだ
君とふたりきりでいると
僕は言葉を忘れて何も言えなくなってしまうよ
頭の中が回転木馬のようにぐるぐる回るだけなのさ
だから僕はそっと神様に祈るんだ

胸の内では
今にも崩れてしまいそうで絶望に打ち拉がれているよ
何もかもが幻のように思えてくるけれど
神様が僕の味方でいて下さるなら、不可能なことはないんだよね
君とふたりきりでいると
まるでおとぎの国にいるような気分になるんだ
そんな時の僕は、聖地に立っているような気持ちなのさ

君を目の前にすると、僕は言うべき言葉を失ってしまうよ
君と寄り添っていても、君が遠くに感じられて
目の前の君がふっと消えてしまいそうなんだ
君の顔に触れられるなら
僕はどこへでも行くし、どんなことだってするよ
君に辿り着けるなら、どんなに高い山だって登ってみせる
君の美しさにひれ伏しているからさ

君を目の前にすると、僕は言葉を呑み込んでしまう
君と寄り添っていても
僕は言葉を失って、何もかもが幻に思えてしまうんだ

君を目の前にすると、僕は言うべき言葉を失ってしまうよ
君と寄り添っていても、君が遠くに感じられて
目の前の君がふっと消えてしまいそうなんだ

君を目の前にすると、僕は言葉を呑み込んでしまう
君と寄り添っていても
僕は言葉を失って、何もかもが幻に思えてしまうんだ
君に伝えるべき言葉が見つからないよ

君の愛は魔法のようだね、それが僕の正直な気持ちさ
けれど、いざ君を目の前にすると、伝えたい言葉が出てこないよ
例えばそれは、“愛してるよ”っていう言葉だったりするんだ


←ポチッとしてやってください^^
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。